終活で済ませておきたい遺産相続の準備

終活は生前のうちに、残された家族が遺産相続を滞りなく進められるようにしておく準備も含まれています。今回は終活で済ませておきたい遺産相続の準備について紹介します。

・法定相続人を確認しておく
相続人の範囲は法律で定められているので事前に確認しておき、自分が遺産を残したくない人がいる場合には、誰に残して誰に残さないかを明確にしておきます。

・遺言を書く
遺言を作成することは終活において重要なことです。これは、遺言が残さずに亡くなった場合には遺族は遺産分割協議などを行う必要があり、家族間でのトラブルの原因となるからです。その為、どの遺産を誰に残すのかを明確にする必要があるのです。

・家族でしっかりと話し合っておく
自分の死後の話をするのは家族も良い顔をしないかもしれません。しかし、事前に家族同士で遺産分割の話について素直に話をしておくことは、死後の相続をスムーズに進めることに繋がります。その為、話をしやすい雰囲気を作って話し合いをしておきましょう。

・葬式の計画を立てておく
自分の死後には預金口座が凍結されてしまいます。凍結された口座から葬式の費用を引き出すことは可能ですが、一定の手続きと時間が必要となります。
その為、あらかじめ葬式の計画を立てておいて、必要となる費用を生前贈与しておくと良いでしょう。