相続人のためにも元気なうちに終活

被相続人が亡くなり、相続の時になって困ることはよくあります。
相続に必要な書類がどこか分からない、電子機器の暗証番号が分からない、物が多すぎて処分に困るようなことです。

相続人のためにも元気なうちに終活をしておくことは大切です。書類などは誰が見ても分かるように整理してファイルに残したり、自分の持ち物を誰かに譲りたいのなら書面で残します。遺言書は必要がない人でも、相続人のために大切なものは整理をして、困らないようにするべきなのです。
保険証券など相続人に関係のある書類だけではなく、自分が契約しているものの書類や、電子機器の暗証番号なども控えて1つにまとめておきます。こういうものはエンディングノートとして残しておくのもひとつの方法です。

また「もったいない」精神で物を溜め込んでしまう人も、自分が元気なうちに荷物整理をしておきましょう。
本人にとっては価値のあるものでも、亡くなったあとはゴミになってしまうことはよくあります。捨てるのがもったいないなら使えるうちに他の人に譲ったり、リサイクルショップに持ち込むこともできます。
ゴミは量が増えれば処分するためにお金も労力も必要ですので、少しずつ元気なうちに片付けることが大切です。